満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 憲法を詩(うた)う −9−

<<   作成日時 : 2008/10/10 07:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

辺野古の海は水平線まで青だった/おばあたちが命がけでしがみついて/あらがっていた鉄柱はは消えていた/この青を力づくで奪うたくらみを/今日も、おばあたちは睨みつけている/ジュゴンとウミガメが背伸びして睨みつけているー平和の青

   沖縄では

  この島では
  まるでカラスが飛ぶように
  爆撃機が空を横切っていく
  スズメがはしゃぐようにヘリコプターが飛ぶ
  この島では 罪に問われることなく
  罰をうけることもなく
  女たちが犯され傷つけられる

   辺野古の海にいったら

  観光客であってはならない
  よそ者であってはならない
  黙って砂浜に座ろう
  座って海をみつめよう
  言葉にならぬ美(ちゅ)ら海を見守ろう
  波の上に突き出した足場の醜さ
  鉄の脚が踏み砕くサンゴ礁の怒りを

   天下り

  沖縄海兵隊のグアム移転費九千億円
  米軍施設の談合工事費三三六億円
  ぜんぶ税金で賄われるお金
  非正規社員の若者の昼飯代百円のカレー
  何杯食えるかな?数えられない
  それを山分けしてニタついているやつ
  官から民へ天下りするわれらの税金
画像
永井和子 <略歴>

1934年 大阪市生まれ/1957年 慶応大学文学部卒業/1969年 『沖縄詩集』発行。詩人として生きはじめる。以降、現在まで発行詩集32冊(共著含む)

 連絡先 〒005−0003 札幌市南区澄川3条6丁目3−3−403/TEL−011−815−0621/FAXー011−815−0628

   

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
憲法を詩(うた)う −9− 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる