満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS さらに熱く憲法を詩う H

<<   作成日時 : 2008/11/29 07:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

きみは四つだった/きみは忘れない あの三月を/きみは三つだった/きみはわすれない あの八月を(きみはわすれない〜草土文化発行『疎開保育園物語』より)
  
   きみは忘れない  永井和子

きみは四つだった
きみは忘れない あの三月を
きみは三つだった
きみはわすれない あの八月を

戦争を逃れて疎開した
埼玉郡平野村
保母たちに手をひかれて
妙楽寺まで六キロの道
 さよなら あんころもち
 またきて きなこ
 ヘイタイサン ヤメロ
 センソウ ヤメロ

保母たちはやさしかった
おかあさんのように
それでもねむるとき こっそり泣いた
保母たちはたくましかった
おとうさんのように
それでも夕焼けをみると ちょっぴり泣いた
 さよなら あんころもち
 またきて きなこ
 ヘイタイサン ヤメロ
 センソウ ヤメロ

とうさんも かあさんも 死んだ
アメリカの空襲で
家も焼かれてしまった
アメリカの空襲で
 さよなら あんころもち
 またきて きなこ
 ヘイタイサン ヤメロ
 センソウ ヤメロ

八月、戦争は終わった
まっ白なうそのように
それでもねむると 空襲の夢を見る
おとなたちは しらんかお
からっぽの絵日記みたい
それでも新しい朝に子どもは歌いだす
 さよなら あんころもち
 またきて きなこ
 ヘイタイサン ヤメロ
 センソウ ヤメロ

きみは四つだった
きみは泣かなかった
きみは三つだった
きみは いまどうしている

きみは忘れない あの戦争を
埼玉郡平野村
保母たちに手をひかれて
歩いた長い長い道を
 さよなら あんころもち
 またきて きなこ
 ヘイタイサン ヤメロ
 センソウ ヤメロ
画像
いわさきちひろ(1918〜1997)ー今年は生誕90年になります。左は1972年『戦火のなかの子どもたち』(岩崎書店)から

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
さらに熱く憲法を詩う H 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる