満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「大きな存在」山田和夫さん

<<   作成日時 : 2011/06/08 07:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

山田和夫さんが雑誌「前衛にかって執筆した珠玉の小論、「特攻を描いた日本映画の歩み」をいま、本ブログに掲載中ですが大好評です。中には再転載をしたいという地域新聞の編集長。こんどの集会で山田さん推薦の「映画」を上映しようかなどの声もあがるほどです。ところが今日の新聞で山田和夫さんが病に伏せていると知って驚いています。

▼03年江東区で記念講演する山田和夫さん
画像
 「ここに本人を連れてきたかった」
 
 今年で設立50周年を迎えた日本映画復興会議。5月21日に東京都港区で開催されました。これには戦後の日本映画界をけん引してきた面々がそろいました。

 出席したのは映画監督の新藤兼人、山田洋次、俳優の仲代達也ら各氏。新藤、山田両監督が受賞した50周年記念復興賞は、長きにわたる日本映画会への貢献へ授与されたもので、病気で欠席した映画評論家の山田和夫さんにもこの賞が贈られました。

 新藤監督は、ロシア映画研究に尽力した山田和夫さんの功績に触れ「今日会えないのが本当に残念」と語りました。妻の久米雅子さんがあいさつ。「帰ったら新藤監督の話を山田に聞かせたい。長く復興会議の活動に一生懸命だった本人を連れてきたかった」と声を詰まらせました。 

 山田監督は「先輩である新藤監督、山田さんとともに受賞できることを光栄に思う」とあいさつ。山田和夫さんと東京大学の映画研究会で共に活動した思い出に触れ、欠席を残念がりました。

 民主的映画の発展のため力を尽くしてきた山田和夫さん。会場にいた誰もが、その存在の大きさをかみしめていました。 (しんぶん「赤旗」6月8日、<文化・学問欄>(田中佐知子)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「大きな存在」山田和夫さん 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる