満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS サルトル 実存主義者

<<   作成日時 : 2011/06/21 07:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ジヤン・ポール・サルトル(1905〜1980)6月21日、この日パリに生まれた実存主義の哲学者。第二次大戦中、レジスタンス運動に従う。自由な個人のはたらきによる社会変革を主張する。主著『自由への道』(岩波新書・「一日一言」−人類の知恵ー桑原武夫編)

画像
 自分の時代が作家の唯一の機会なのだ。時代は作家のために作られ、作家は時代のために作られている。四十八年事変(二月革命)に対するバルザックの無関心、コミューヌに直面したフロベールの戦々競々たる無理解は残念だが、これは彼らのために残念なのだ。そこには何ものか、彼らが永遠に失ったものがあるのだ、われわれは、われわれの時代の何ものをも失いたくない。もっといい時代はあるかも知れないが、これはわれわれの時代なのだ。われわれはこの戦争、おそらくはこの革命のただなかに、この生を生きるよりほかはないのである。 (雑誌『現代』創刊の辞

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サルトル 実存主義者 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる