満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦争が壊した 富士山の自然 「読者の広場」

<<   作成日時 : 2015/08/24 06:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

23日付しんぶん「赤旗」の「読者の広場」欄に表記の題名の投稿を見て、我が意を得たり、と合点した。富士が世界文化遺産に登録されたとき、私も「戦争と富士山」との関連をフエイスブックで投稿、多くの人の賛同を得ていただけになおさら。加えて昨日は一般公開として陸自の「演習」にオスプレイを導入するとはもってのほか。


画像
 「あたまを雲の上に出し、四方の山を見下ろして・・・」の富士山が、世界遺産になった。
 父は「戦争末期は、米軍のB29が富士山を目標に来て、東京方面に向かった。隣の愛鷹(あしたか)山の高射砲は打ち上げ花火みたいでとても届かず、日本の戦闘機は象に対するアリで、歯ガ立たなかった」と話した。
 「東富士演習場」は、日清戦争の翌年の1896年に、初の陸軍演習が行われた。以来現在まで戦車と砲弾のために樹海らしきものはない。雨が降ればすべて一気に狩野川支流の黄瀬河に流れ込む。数万年かけてできた溶岩のきれいな川は、40年前ごろダイナマイトで四角な断面の川にされた。
 沖縄の「辺野古の自然を守れ」は、よく分かる。一度壊したら戻らない。富士山頂からのご来光は、すばらしいと思う。しかし、見終わったら足元を見てほしい。もし雲海があったら、その下を。(埼玉。白岡市・吉田善三さん=68)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦争が壊した 富士山の自然 「読者の広場」 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる