満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 満洲・公主嶺小学校同窓誌 エピソード −3−

<<   作成日時 : 2015/09/01 06:08   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昭和20年8月12日の朝、隣組を通じて「ソ連との開戦に伴う戦局不安の折から、幼児のいる所帯は、そう長い期間ではないと思うが、南満州方面へなるべく疎開するように」との伝達を受けた。(506頁)

画像
  公主嶺との別れの日 
            石田泰正(38回生)

 
 父が黒竜江省のソ満国境へ召集されて不在だったので、迷ったけれど疎開することにした。その日の夕方、トランク一個に身の回り品を詰め込んで、慌ただしく疎開列車に乗り、公主嶺を後にした。
 ところが途中、鞍山駅で列車の乗換えがあり、まだ1歳の末弟が発熱したので、しばらく手当てをしていたところ、その間に公主嶺からの疎開団の人達とはぐれてしまい、鉄嶺からの疎開団に混入したまま、北朝鮮の古邑という町で8月15日を迎えた。
 その後安東、瀋陽を経て、21年6月22日舞鶴港に引き揚げた。公主嶺を出て日本に到着するまでは、筆舌に尽くし難い多くの苦労があったが、着の身着のままで慌ただしく去った公主嶺のことが、いつも頭から離れなかった。
 あれから40年余り、61年10月に東京九段会館の同窓会で、懐かしい同窓生に再会でき、感無量であった。旧交を暖め、公主嶺を語り合いたい。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
満洲・公主嶺小学校同窓誌 エピソード −3− 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる