満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 満洲・公主嶺小学校同窓誌 エピソード −19−

<<   作成日時 : 2015/09/22 06:10   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

父のひどい神経痛おために残留し、そのまま農事試験場に留用された。皆が引き揚げたあと、金光教教会跡で寺子屋式の学校が始まった。長春の学校と関係があったのか、教材の一部に同じものが用いられた。冬は高粱ヌカのストーブで暖をとった。

画像
     留用技術者子弟学校
           荒川明夫(40回生)

 
 学芸会は、平岡菊江ちゃんのオペレッタ「舌切り雀」、刈谷君と私の「海の幸、山の幸」、平岡秀人君の「大国主命」、鈴木さん、川崎爾美子さん、宮島康子さんの踊り、杉本君の「太郎冠者」などをやった。試験場に見学と草積みに行ったこともある。宮島さんの犬シロと野良犬クロの子どものムク、チビ、ペス、ほかにピグは私たちの大の仲良しだった。
 楽し日はそう長く続かず、22年6月宮島康子さんが亡くなり、数度の八路軍と国府軍の市街戦があった。畳を立てた窓からおそるおそる戦闘を見た。その度に公園で銃殺が行われたりした。
 昭和22年6月、国府軍の再来でまた引き揚げが始まり、9月1日「いろは」の前からトラック2台で3家族の日本人を残して全員去って行った。
 これで公主嶺小学校の歴史がすべて終わった。

農事試験場に入るポプラ並木
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
満洲・公主嶺小学校同窓誌 エピソード −19− 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる