満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 被爆70年 広島・長崎はなんだったのか? 

<<   作成日時 : 2015/10/10 07:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  被爆者・戦争体験者と若者がともにつどう「被爆70年 広島・長崎は、なんだったのか? −今を戦前にしないために」が17日に、東京・日比谷公会堂で開かれます。(しんぶん「赤旗」10月9日付)

画像
       「今を戦前にしないために」 

主催する実行委員会は「広島・長崎の原爆被害と被爆者の70年の歴史を振り返り、『非核・非戦』の社会を実現するために何が必要か、考え合う場。戦争法反対で立ち上がった若い世代をはじめ多くの参加で成功させよう」と呼びかけています。
 開会は午後1時。音楽劇「まほうのたね」で始まります。
 メーン企画は構成劇「広島・長崎は、なんだったのか?」。若者が被爆者と対話しながら、継承のあり方を模索していきます。日本被団協代表委員の岩佐幹三さんや長崎原爆被災者協議会理事の横山照子さんらが証言します。
 若者が、被爆者の運動、たたかいを知り、「被爆者がまさに民主主義を体現する生き方をしてきた」ことを学び、「自分なりの継承のあり方」を考えていきます。
 日本青年団協議会会長の照屋仁士さん、高校生平和ゼミナールの高校生、大学生らによるリレートークもあります。
 「合唱団この灯」の歌も楽しめます


お問い合わせ】 <主催>被曝70年の集い実行委員会 03−3438−1897

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
被爆70年 広島・長崎はなんだったのか?  満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる