満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 新 満州・公主嶺小同窓会 エピソード −4−

<<   作成日時 : 2015/11/27 07:22   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

あ私の夫宰平は昭和10年4月、三重県より公主嶺小学校に赴任し、在任7年のうち30回生、33回生、37回生の担任をさせていただいたようです。私たちは昭和13年暮れに朝鮮の釜山で結婚し、公主嶺で新婚生活に入り、2児が生まれました。

画像
    公主嶺から開拓地へ
         大西芳枝(教職員夫人)

 
 そして16年10月、夫は使命感に燃えて公主嶺近郊の吉林省大泉眼開拓団の小学校に転勤しました。開拓団の方々はとてもよくして下さいましたが、私は50日ばかりでそこの生活に耐えられなくなりました。
 その年の12月23日、開拓団のトラックが公主嶺に行くと聞き、すぐに身の回りのものをまとめてトラックに乗り、公主嶺の教え子の横川やす子さん方に、二人の子どもとお世話になりました。

画像
 そして2,3日後、養母がいる釜山に帰ってしまいました。17年正月、夫が釜山に来て、戻るように言いましたが、私は開拓団のランプ生活、零下20度の寒さ、筵(むしろ)囲いのトイレ、夜の犬の遠吠えなどが恐ろしくて、どうしても戻る気にはなれませんでした。
 その後、夫は奉天省橋頭街小学校に転勤したので私たちもそこで終戦を迎えました。光市に引き揚げて夫は教職に戻り、37年早世いたしました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新 満州・公主嶺小同窓会 エピソード −4− 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる