満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 新 満州・公主嶺小同窓誌 エピソード −11−

<<   作成日時 : 2015/12/09 12:42   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

3月は満洲の長い冬が終わりに近づき、雪解けが始まる季節です。そして10日は陸軍記念日(日露戦争の勝利記念日」)です。(425頁下段)

画像
     陸軍記念日と乾パン
             阿部卓二(36回生)


 当時は戦時色の強い時代で、公主嶺にも在郷軍人の団体があり、農事試験場に勤務していた父も入会していました。会では時々軍事訓練があり、参加する義務がありました。また小学校校舎の一部に青年学校があり、兵役の経験がない青年たちが軍事訓練を受けるための学校だったと記憶していました。       ▼公主嶺公園内にある神社
画像
 3月10日の陸軍記念日には朝早くから合同の軍事訓練が、公主嶺神社のある公園で行われました。空砲ですが、小銃、機関銃の音が聞こえてきたものです。父も参加しました。そして朝食に支給される乾パンを子どもたちへの土産に持ち帰りました。
 私たちは、布袋に入った乾パンを分けてもらえるので、父の帰りを楽しみに待ったものです。乾パンのカリカリした歯ごたえやいくつか乾パンに混じって入っていた金平糖の甘さを思い出します。
 今でも当時のことを思い出し、ウイスキーの水割りの友に、乾パンをよく食べています。


画像
】3月10日といえば忘れてはならないのが「東京大空襲」。在満の日本人はそのことを殆ど知らされなかった。
 翌日の在満の「満州日々新聞」など各紙は「B29約130機、昨暁帝都市街を猛爆す。右爆撃ににより都内各所に火災を生じたるものの宮内庁「主馬寮」は2時50分、他の地は8時迄に鎮火せり」という虚偽の報道を流すことを当局より強いられたという。下町では、10万人余の庶民が焼き殺されたというのに。恐るべき時代だった。
 なお、米軍は陸軍記念日を狙ったと言われている。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新 満州・公主嶺小同窓誌 エピソード −11− 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる