満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「オンブズマンが行く」 2016年2月号

<<   作成日時 : 2016/02/04 06:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

会報「オンブズマンが行く」2月号の2面。トップは千代田区議会の政務調査費を報酬に上乗せする問題についての記事。左肩には「気になる政治とカネ」と題した矢野政昭副代表幹事のコラムがレイアウトされています。

画像
     「反対世論」に抵抗できず決断
     千代田区議会・政活費問題

 
 前号でも報じた、千代田区が区議の政務活動費3分の2を、使途が問われない議員報酬に付け替えることを検討していた問題で、石川雅己区長は、関連する条例改正案を区議会に提出しない方針を決めた。報道によると、区民や区議会など世論の反発を受け、改正する考えを撤回したものとみられます。
 石川区長は1月21日、報道陣の取材に「通る見込みのない議案は出さない。議会側の結果が出るまでは答申は見送ると語ったという。
 これは、区長や区議の報酬などを話し合う「区報酬等審議会」で検討されてきたものだが、月額15万円の政活費を5万円に減額し、差額の10万円を議員報酬に上乗せするとした。付け替え後の議員報酬は、23区で最も高い月額71万8千円となる内容だった。

画像

    気になる政治とカネ  副代表幹事 矢野政昭

 政治とカネの問題が連日大きく報道されています。一昨年は野々村兵庫県議の号泣場面がテレビで流され、世界にまで広がりました。
 政務調査費をゴマ化し、行ってもいない出張の交通費や、大量の切手代などを支出したように偽装し、着服していたのです。そのことを記者会見で追及されての号泣でした。最近裁判が始まり、また何度も放映されています。
 ところで、江東区議にも毎月20万円の政務活動費が支給されていますが、中には大量の切手やはがきを買っている議員もおり、気になるところです。さらに、国会では甘利大臣が建設会社から1200万円貰った事件(週刊文春が掲載)が問題に。最近トボケていた大臣、逃げられなくなり、50万円を2度も受け取っていたと認めました。
 安倍内閣に迷惑をかけられないとか、他のカネは秘書が使ったなどと言い訳し、大臣を辞任しました。自民党はこれで「一件落着」としたいのでしょうが、はっきりけじめをつけるべきです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「オンブズマンが行く」 2016年2月号 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる