満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 益川俊英さんとノーベル

<<   作成日時 : 2016/03/27 06:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京新聞の夕刊一面に「この道」という連載読み物がある。各界の著名人や、今話題の人の半生を描いた履歴書ともいえるもの。今回はあのノーベル物理学賞受賞の益川俊英さんが語る「戦争と平和」に寄せる思いに共感した一読者が投稿した一文が秀逸。

画像
   益川さん節を ずっと続けて 
      松田まさる(79) 千葉県柏市

 
 本紙連載中の益川俊英さんの「この道」で、ノーベル賞受賞のスピーチを知人にチエックしてもらった際に、頼みもしない人から「学問の場で戦争の話はいかがなものか」の声があったと明かしている。驚き、かつあきれた。こんな連中こそ、時の勢いに調子を合わせて行動をとる曲学阿聖、御用学者に違いない。
 賞の創始者ノーベルが発明したダイナマイトは、文明の進歩に貢献すると同時に戦争にも利用され、彼にとっては痛恨の事態となっていったことを、私も、心に刻んだ。
 益川さんは、普段でも社会への発言に歯に衣着せぬ人として知られる。もの言えば唇寒しと学界の中では、貴重な人だと常々思って勇気づけられている。いつまでも正論を語るお元気なノーベル賞学者であってほしい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
益川俊英さんとノーベル 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる