満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「オンブズマンが行く」 会報5月号

<<   作成日時 : 2016/05/09 10:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

江東区民オンブズマンの会が発行する会報(2016年5月号)を頂きました。その一面は、このほど始まった「政務活動費」の不正支出問題に係わる監査請求の審査で、「会」の幹部3人が意見陳述した要旨が特集されています。

画像
 江東区議会自民・民主などの政務活動費(H26年度)の不正支出を巡る監査が始まりました。
 さる4月18日、請求人であるオンブズマンの意見陳述があり、正木 毅代表、矢野政昭副代表、秋山行雄幹事が意見陳述を行いました


  区政チエックはじめ16年
            正木 毅代表


 正木氏は「オンブズマンが区政チエックを始めて16年になる」と切り出し、政務活動費は1億円。公費を支出する以上区民への「説明責任がある」と、会派の看板を掲げる規定を無視した米沢議員らの事務所問題。徳永議員の会議費の違法支出、釼先議員の領収書「偽造」問題などを追及しました。
画像

  徳永議員の資料購入費など  矢野政昭幹事 

 矢野氏は、徳永議員が購入した書籍、資料購入費などを追及。「政活費は月額ひとり20万円だが何に使ってもいい訳じゃない」「浮世絵図鑑に江東区が載っているから、購入が妥当というなら、どんどん解釈が拡大する危険がある」と指摘しました。

  鈴木議員の政策経費など  秋山行雄幹事
 
 鈴木綾子議員(民主)の委託政策づくりや旅行費用などを追及した秋山幹事は、交通費支出の22万円余に「領収書がない」と指摘しました。

  議会側の意見陳述  市川事務局次長 
 
 議会側の意見陳述は4月25日、市川聰事務局次長が「政務活動費の手引き」は、会派間で使途基準の判断に相違が生じないように定めたーとし「支出の適否は各会派が判断する」と延べ、事実上「議員任せ」であることを認めました。チエック機能が働かない政活費の不正支出問題。監査結果が注目されます。

画像
】「労働者」でなくなってから?もメーデー参加は欠かさない。今年のスローガンやシュプレヒコール(唱和)で特に強調されたのが、二つの「許さない」だった。立憲主義を守るため「アベ政治許さない」と「労働者使い捨て許さない」だ▼「全人格労働」という言葉があるのを知ったが、仕事は人生の一部なのに長時間労働やサービス残業がはびこって人生そのものが搾取されてしまう。自分の人生や全人格を仕事に投入することだと言う▼「カローシ(過労死)」が世界で共通する言葉らしいが、死ぬまで働かされるー何ともひどい現実である。ならば労働組合で「戦う」しかないだろう。その労働組合の組織率が減って18.2%。イタリアなどと比較しても半分ぐらいというから本格的な手立てが必要だ▼ところで、心配していた安倍政権の労働法制改悪案。残業代を払わず際限なく働かせるー過労死も自己責任だとか。メーデーの日、ニュースで「与党が法案見送り」と報道されたー意味は大きい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「オンブズマンが行く」 会報5月号 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる