満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 空襲71周年 恒久平和誓う 長岡市

<<   作成日時 : 2016/08/05 06:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1945年8月1日の空襲で1500人近い死亡者が出た新潟県長岡市で1日、市主催の平和祈念式典が今年も行われ、1400人が参加しました。式典後、市内の明治公園に全国初となる空襲爆撃中心点の碑が建立され、除幕されました。(しんぶん「赤旗」8月1日付)

画像
         爆撃中心点の「碑」建立 

 同市は、1984年に「非核平和都市宣言」を議決し、昨年8月1日を「長岡市恒久平和の日」と議決。7月には市役所正面に「非核平和都市宣言」の大表示板を設置しました。
 式典で森民夫市長は「今年、空襲投下中心点に碑を設置した。体験者が年々減り、体験談を直接聞く機会が少なくなっているなか、史実を正確に残し、次世代に伝えることが大切。今後も世界の恒久平和の実現に向けて取り組んでいくことを誓う」と述べました。

画像
 中学生が非核平和都市宣言文を朗読。市内の小学生が作った折り鶴が、広島平和記念式に派遣される中学生に委託されました。
 市戦災史料館の説明では、当時B29(アメリカの大型爆撃機)がどの都市にも住宅密集地に直接2.4キロの円を描き、その中心点に爆撃。空襲都市の中心点には、現在は交差点やビルなどが多いことから、長岡市は明治公園になっている中心点に碑を建立したものです。

写真】下 空襲爆撃中心点の碑の除幕をした森市長。(右から3人目)ら=1日、新潟県長岡市

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
空襲71周年 恒久平和誓う 長岡市 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる