満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 満洲・公主嶺小学校37回生の歩み −号外ー

<<   作成日時 : 2016/10/26 05:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨年10月6日(1995年=平成7年)土屋洸子さんから37回生の福岡同期会の会報を頂きました。同封の出席された皆さんの懐かしい写真を見せてもらって、在満時代、しかも可愛い1年生の当時を思い出しています。(会報39号ー8頁)

画像
    岩森先生のご逝去を悼む   三森正行 

 本当に遠い夢のような昔になってしまいましたが、すっかり成人されて、一見しては全く見分けが出来ないのに戸惑いました。皆さん元気で何よりです。
 土屋さんの添書きで、岩森先生が亡くなられたという知らせに驚きました、。大阪大会の折には、少々弱って居なさるようではありましたが、まさか亡くなられるとは想像していませんでしたので本当に残念になりません。先生は丁度、私の渡満一年目で1年生担任の相棒の組担任でしたので、土地不慣れの私は、経験豊かな岩森先生にいろいろ教えて頂いて助かりました。

画像





  明朗でしかも多技多能な先生で、同僚の先生方も尊敬していました。勿論、父兄も生徒の皆さんからも大好きな先生であったように思います。
 在満時代からお世話になり、忘れることの出来ない先生方が次々と一人消え、また一人亡くなられることは耐えられない淋しさ、悲しみで一杯です。若いころの溌剌としたお姿や何回かお会いした同窓会の様子を胸に刻んで、皆さんと一緒に、心からご冥福をお祈りしまよう、合掌。

画像
       
     

       岩森先生のこと   若杉泰子(37回生)

 昨年(1995年)は年明け早々、心痛むことの多い年でしたが、そんな折、岩森先生が亡くなられ、二重の悲しみになりました。私たち37回生は、いまから50数年前、小学1、2年と受け持っていただきました。その後40年余りの歳月が流れ、数年前やっとお会いすることが出来ました。
 先生は昔と変わらず、優しくおおらかな心で私たちを包み込んで下さいました。それに律儀なご性格で、お酒も好きでしたが、甘い物もお好きで長崎カステラや琵琶も好物とお聞きして、たまに差し上げると必ずその何倍ものお返しを頂き、恐縮することも度々でした。
 腰を痛めていらっしゃるにもかかわらず、同窓会、同期会と出席なさっておられたお姿が、いまでも目にうかびます。大阪での第8回同窓会でお目にかかったときは、奥様を亡くされた直後で、気弱になられ、心配しておりましたが、まさかそれが最後になるとは夢にも思わず、またお逢い出来ると信じておりましたので、残念でなりません。
 いまは奥様とご一緒に私たちを見守って下さることと思います。謹んで、ご冥福をお祈りいたします。

】泰子さんは、双子の桑野姉妹の妹さん。時の経つのは無常に速く、今はもう故人となられました。なお上の写真は37回生の大阪での同期会、皆に囲まれた岩森先生。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
満洲・公主嶺小学校37回生の歩み −号外ー 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる