満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国残留孤児問題シンポ 東京・墨田区で

<<   作成日時 : 2016/10/05 06:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「『敵国のこどもをそだてた中国人養父母』に感謝」をテーマに、中国残留孤児問題を考えるシンポジウムが2日、東京都内で開かれ、約400人が参加しました。(しんぶん「赤旗」10月2日付ー社会面)

画像
     ”二度と戦争しない”400人参加 
 
 主催は一般社団法人日中協会、NPO法人中国帰国者・日中友好の会などが後援する中国残留孤児問題フォーラム実行委員会。
 第2次大戦敗戦の混乱のなか、中国に取り残された日本人孤児は中国側発表で4000人。厚生労働省の統計では2818にんです。
 元孤児で中国帰国者・日中友好の会の池田澄江理事長は「私たちの人生は戦争によって翻弄されました。養父母がいなければ今の私たちは戦争に反対し、日中友好、世界の平和を望みます」と訴えました。


画像
 『この生あるは』の著者の中島幼八さんは、中国人養父母が困難や中国社会の誤解のなかで孤児を育てたことについて「大きな広い心で、憎しみを超えて敵国の子どもを育ててくれた中国人養父母を歴史の舞台に押し上げたい」と、感謝を表す碑の建立を提起しました。
 帰国者二世の大久保明男・首都大学東京教授の司会で、白西紳一郎(日中協会理事長)、寺沢秀文(満蒙開拓平和記念館専務理事)、羽田澄子(映画作家)、安原幸彦(中国「残留孤児」国家賠償訴訟弁護団幹事長)の4氏が討論。日本の加害の歴史を知り、戦争放棄した憲法を守る重要性などを語りました。
 ドラマ「大地の子に出演した俳優の仲代達也さんがメッセージをよせました。   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国残留孤児問題シンポ 東京・墨田区で 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる