満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「オンブズマンが行く」 16年10月号 

<<   作成日時 : 2016/10/08 06:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 「江東区民オンブズマンの会」が発行する会報の10月号(No.148)の1面。江東区の議会が政務活動費問題で富山市議会のようになっては大変、と区議会に要請書を出した記事がトップに。下欄は恒例のコラム「声」が続きます。

画像
     政務費のチエックを!
     江東区議会に要望書

 
 江東区民オンブズマンの会は9月27日付で、江東区議会、堀川議長に政務活動費に関する、8項目の要望書をおくりました。
  
   会派のHPですべて公開を

 江東区議会の政務活動費をチエックしているオンブズマンは、さる9月27日、堀川区議会議長に「支出基準」の見直しを含む8項目の要望書を送りました。
 先ごろ、富山市議会の自民党など11人が、政務活動費の違法支出がバレて辞職する事態となりましたが、江東区議会でも起こりかねません。議員がつきに政活費は魅力で、あの手この手で支出しようとしています。
 「要望書」は、領収書を含めてすべてHPで公表を求め、人件費の支出先の公開、タクシーやガソリンの使用は具体的な理由を明らかにすること。
また、自民党などの「区民要望を聞く際の飲み物代」などは区民の誤解を招くとして廃止を求めています。
 さらに、カメラや、パソコンなど高価な事務機器は「会派が一括管理し公表せよ」。最期に、第三者による「チエック機関」を設けることを要求しています。

画像
【声】
 それにしても不思議なのは豊洲市場の「空」だ。”徹底調査”を約束した小池知事も「分からない」とい。巨額な都民の税金を投入してできた施設だ。「分からない」で済む話ではない▼もともと共産党都議団が発見した「空洞」。いま、100条委員会をつくるよう提案してちゅうもくされる。嘘を言ったり隠したりすれば「犯罪」となる審議の場だ。それしか道はあるまい▼石原慎太郎は、最初「都は伏魔殿」などと言ってとぼけたいたが、都民の批判の前に、謝罪したが「あんたのやった仕事だろうが!」と腹が立つた▼ところで、いま新木場の成り立ちを調べて、恐ろしいことが分かった。埋立免許が昭和14年7月。昭和21年3月が竣工期限なのだが、都は免許が切れて3年たってから工事を再開、300万u超を違法に埋立て登記し、製材工場等に売り払ったのだ▼埋立申請者も免許権舎も同じ「知事」。この仕組みに便乗してやった仕事だがここそ伏魔殿と呼ぶにふさわしい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「オンブズマンが行く」 16年10月号  満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる