満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「オンブズマンが行く」 16年11月号 

<<   作成日時 : 2016/11/04 06:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「江東区民オンブズマンの会」の会報11月号(No.149)の一面。トップにはお隣り、江戸川区の「黒塗り文書」に係わる問題についての記事が掲載され、恒例の下欄コラム「声」は、原発被災地訪問記となっている。
画像
     塗りつぶしておいて 「金払え」
    ー 政務活動費の開示文書ー

 
 政務活動費の無駄遣いを追求するオンブズマンや区民にとっても一大事。開示文書を勝手に塗りつぶしておいて「金くれ!はないだろうー 「知る権利」を妨害するのがねらいだろうが・・・

画像 
 お隣、江戸川区の情報公開の改悪が問題になっています。
 どこの自治体にもある情報公開。役人がどんな仕事をしているか? 議員が無駄遣いしてないか? こんな、区民が「知りたい」情報を請求すると、1枚10円だが2週間で提供されます。
 この書面、問題は都合の悪い所は黒塗りされて出されることです。江戸川区は「多量に請求する人がいる「黒塗り作業が大変」などの理由で、一方的に請求を断ったり、黒塗り文書の追加料金を請求するなど、とんでもない条例改正をやりました。
 区民に、いろんな事を知られたくないのが本音らしいが、そんな理由で区民の権利が「妨害」されてはたまりません。
 もともと、情報公開法や自治体の条例は「全部公開」が原則。個人情報や特別なもの以外は区民に提供することになっています。この条例、都内では荒川区や中野区など数区にみられるが、運陽はされていません。
 今後、これが江東区を始め他区に広がることが心配されます。

画像

 東京電力福島第一原発の事故から5年半たつが関連自殺が後を絶たないという。それほどあの事故は人びとの心に深刻な傷を残したのだ▼先日、江東区に避難している浪江町の人に、同情心から声をかけ「しまった!」と思った。その人はなにやら困った表情で頷くだけだった。実は10月12日、仲間数人と被災地を車で体験視察をした▼40`圏のいわきの道の駅で現地の人と合流し、マイクロバスで6号線を北上した。30`圏の楢葉町でガイガー検知器がビ! ビ!と鳴り始めた。富岡町にさしかかると、その音が早く、大熊町から原発の双葉町にさしかかるとピ・ピ・ピ!けたたましく鳴った。山の向こうに悪魔・東電の鉄塔がそびえたつー・そして浪江町へ▼政権は「避難指示解除」などというが、とんでもない。子どもたちは勿論、人っ子ひとりいないカラスも飛ばない町なのだ。遠くに老婆が布団を干しているのが見えた。印象的だ。原発を許したのは誰だ!その責任は重い。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「オンブズマンが行く」 16年11月号  満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる