満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS どうする 「辺野古の美しい入り江」

<<   作成日時 : 2016/12/29 11:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 フオークランド紛争の勝利に英国が沸くいていた1982年の夏、カンタベリー大主教のロバート、ランシー氏が戦争終結への感謝の礼拝で語った言葉は、サッチャー首相を激怒させたと伝えられる。(東京新聞ー「筆洗」)

画像
 ▼勝利を祝し、愛国心の尊さをうたい上げる。首相らは、そういう言葉を期待していた。だが、第二次大戦を将校として戦い、戦争の現実を目に焼き付けた大主教は、国民に「殺されたアルゼンチンの若い兵士のために祈ろう」と語り掛けた▼「悲しみをともにすることが、戦い合った者を再び結び付ける力となるはずです。苦悩を分かち合うことが、和解への橋を架けてくれることでしょう」。それは「和解」のための祈りの言葉だった▼日米開戦から75年。米大統領と真珠湾を訪れた安倍首相は「耳を済まして心を研ぎ澄ますと、風と波の音とともに兵士のたちの声が聞こえてきます」と語り、開戦の場となった美しい入り江を「和解の象徴」としようと語った▼そんな言葉を、沖縄の人々はどう受け止めたろうか。辺野古の美しい入り江を埋め立てて新基地とする工事がおととい、再会された。耳を済まして沖縄の声を聞こうとせぬ政府の姿勢に、翁長雄志知事は「沖縄県民を日本国民として見ていない」とまで言っている▼あの戦争から今なお続く沖縄の苦悩を分かち合う。首相には、自らか架けるべき『和解への橋」がある。(2016・12・29)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
どうする 「辺野古の美しい入り江」 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる