満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 満洲に 祖父をたずねて何百里 C

<<   作成日時 : 2017/02/27 05:35   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 自らのルーツをたどること5度目の「ブログでの交流」。遠くはなれた長崎と東京だが想いは一つ。戦争という暴虐な嵐にさいなまれながらも生きることを追い求めてきたKT一家。その存在理由を確かめようとメールでの交流が続きます。

画像
永井至正様
 
 返信が遅くなり大変申し訳ありません!
 土屋(洸子)様からの貴重な情報ありがとうございます。公学校の詳細は分からぬものの、義祖母と父の足取りが分かり、改めて奇跡的で大変な道程だったのだと感じることができました。
 公主嶺には駅があることから他の公学校に出勤していたかもしれないのでしょうか。長崎大学に問い合わせをしてみたいと思います。
 永井様のおかげで、今まで分からなかったことが少しずつでも紐解かれ本当に感謝しています。今2歳の息子(義祖父)にとってのひ孫)にも大きくなったら自分のル−ツを教えてあげたいと思います。

画像
    一度 訪ねたい公主嶺 
 
 一度、公主嶺を訪ねてみたいと思うのですが、見知らぬ土地で行きかたがよく分かりません。永井様方の公主嶺会で、何時の日か訪れる機会などあれば同行させていただけないでしょうか。
 重ね重ね、失礼いたしますが、もしも良ければ永井様のご住所も教えていただけたら幸いです。

 ◆KTより


■公主嶺のこと 5
 
 メール読ませていただきました。KTさんの「わがルーツを探る」の強いご希望に添えなくて申し訳ありません。
 でも、諦めてはいけないと思います。
 それは、あの時代の一人ひとりの消息を明らかにすることは、あの戦争で死に追いやられた日本人の思いを今に確かめ、二度と繰り返してはいけない事実を次世代に繋ぎ、伝えていくことになるからです。ですから、これからもずっとご一緒に、T家の軌跡を、とりわけ義祖父、義祖母さんが辿った苦難の人生を追い続けましょう。
 近々に新しい資料や公主嶺会の「来し方」などを、まとめてお知らせいたします。
 
 ◆永井至正

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
満洲に 祖父をたずねて何百里 C 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる