満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「オンブズマンが行く」 2017年 3月号 

<<   作成日時 : 2017/03/05 09:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「江東区民オンブズマンの会」の会報3月号(NO.153)をいただいた。その1面。トップに区長交際費問題を載せ、下欄のコラム「声」は「共謀罪」の凶暴さを鋭く突いています。添えられた花は木場公園の梅。春を呼んでいるよう。
画像
     380万円の区長交際費
     −山崎区長に要請書ー
 
 
 区長が各種団体の新年会などに「会費」名目で公費を支出する。こんな事がいまだに続いている江東区。オンブズマンが区長に見解を求めて要請書を送った。

 さる2月25日、江東区民オンブズマンの会は、山崎孝明区長宛に「交際費」支出の問題で、要請書を送り回答を求めています。
 この間、オンブズマンは、区長交際費の出納簿や公用車の運行記録などの開示を受け検討を重ねてきましたが、町会・自治会、各種団体の新年会などに区長が「会費」名目でご祝儀を交付する。こんなことがつづいています。
 神社の例大祭後の懇親会などにも参加し、「会費」を出しており、平成27年度分だけでも36件21万円余にのぼります。かつて世田谷区では「不適切」と、区民の批判があり、返還した事例もありました。本来、自費で支払うべきです。
 要請書は、区民の税金から毎年380万円も予算化する「交際費は廃止すべきだ」と指摘しています。また、区長の公務予定は開示されるが、結果である「公務日誌」が公開されないことから、その開示を求めています。
 いま、首長の税金の使い途が各地で問題になり区民の関心も高くなっています。山崎区長のまじめな回答が待たれます。

画像
【声】2月28日、朝日新聞の読者欄に「共謀罪の阻止多喜二祭で誓う」北海道の女性のこんな投書が載った。投書は、安倍」政権が進める「共謀罪」ができれば「多喜二がなぶり殺された時代の復刻版だ」と痛烈に批判しし「認めないーと墓前で誓い合った」とある▼思えば「反戦ー民主主義」を言えばこれを抹殺し、日中戦争に突入した時代だった。わたしも北海道の多喜二記念碑を二度訪ねたことがある。小樽港近く、山の中腹にデスマスクが港を見つめていた▼安倍自民党が企む「共謀罪」。=テロから国民を守る=などと尤もらしいことを掲げ、一気に強行成立を狙うが「危ない! 危ない!」。読者欄でもこんな投書が載るようになったから、大手メディアも警鐘を鳴らし始めたのだろうか。まだまだぬるい▼「日本を戦前のようにしてはならない」とある。この投書者のように自分が出来ることから始めよう。みんなが動けばメディアも政治もきっと動き出す。多喜二に学び動き出す。多喜二に学び動き出そう。自戒を込めておもう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「オンブズマンが行く」 2017年 3月号  満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる