満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦後72年 「平和の俳句」 −15−

<<   作成日時 : 2017/04/16 06:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ブログ「満洲っ子 平和をうたう」がお送りしている東京新聞が一面に掲載している「平和の俳句」。今回は4月の第3週になります。同紙4月11日のお知らせによると6月のゲスト選者が決まったようです

画像
    ゲスト選者にツムラさん
    6月の「平和の俳句」
 
 
 毎朝一面に掲載している「平和の俳句」の6月のゲスト選者に俳優のミムラさん(33)が決まりました。レギュラー選者の金子兜太sん(97)、いとうせいこうさん(56)とともに、5月上旬に開催される選考会で、6月に掲載する俳句の選考に当たります。5月一までに届く作品が対象になります。
 ミムラさんは埼玉県出身。2003年にドラマ「ビギナー」で主演デビュー。テレビ、映画、舞台などで幅広く活躍しています。自宅のほかに書庫用の部屋を借りるほどの読書家で、絵本や漫画も含めて多いときには月200冊を読むそうです。著書に「ミムラの絵本日和」「文集」などがあります。今春あらNHKラジオ第二「高校講座 国語総合」の司会進行を務めています。


聞いてみよう悲しい声と笑いの声を 吉橋価生(12) 愛知県豊田市 2017・4・9

】<いとうせいこう> 小いて笑い六からの一句。お年寄りに昔話を聞いて悲しみが伝わってきたのだという。そして笑いがいかに大切かを知った。それを素直に。

平和とはバカやれること泣けること 玉井美琴(12) 愛知県豊田市 2017・4・11

】<金子兜太>12歳の玉井さんは、なかなか大人です。本当に自由な気持ちがあって、相手をいたわり合うところに「平和」あり。

善一つ成せば素直に平和なり 伝内しげ子(79) 石川県珠洲市 2017・4・12

】<金子兜太> 一生に一度でよい、「善」をなせば、こころ平和に万事や安らか。 <いとうせいこう>まさにこの「素直に」が効いている。単純に善でいることの安寧だ。


CG合成されている平和 小山肇美)58) 三重県松坂市 2017・4・13

】<いとうせいこう>この平和は誰かにだまされて作られているだけではないか。戦争までもあCGで行われるセカだから、自分の目と頭で見破り続けよう。

ドラマーのビートは刻む「武器を楽器に」 萬納寺真理(56) 川崎市中原区 2017・4・14

】<金子兜太>ある平和の集いでジャズドラマーのソロ演奏に感動してお句。平和な世界のために全ての武器を楽器にすればよい。

大本営あの時ラジオ今テレビ 小出成行(77) 浜松市中区 2017・4・15

】<いとうせいこう>先の大戦ではラジオで人が洗脳された。テレビならまさかそんなことはあるまいと思っていたら大間違い。都合のいい放送が続く。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦後72年 「平和の俳句」 −15− 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる