満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「九条の会」講演会 改憲提案に危機感

<<   作成日時 : 2017/06/16 06:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 護憲派の市民団体「九条の会」は2日、憲法施行70年を記念した講演会を東京都内で開き、憲法9条に自衛隊を明記するとした安倍晋三首相の改憲提案に対する危機感を次々とウ伝えた。(東京新聞5・3日付)

画像
      「首相発言そのものが違憲」 

 事務局長の小森陽一東大教授は、「最も憲法を順守すべき首相が国会を無視してこのような発言をした。発言そのものが憲法違反で主権者である国民への挑戦だ」と批判した。
 主催者発表で約千百人が参加した。山内敏弘一橋大名誉教授は「(戦力不保持を定めた)九条二項を空文化する改憲案だ」と強調。経済評論家の内橋克人さんは「戦争を知らない軍国少年が増えてきた。九条を骨抜きにし、日本を取り戻すと言う。深く考えてほしい」と憂えた。

 呼びかけ人で作家の沢地久枝さんは、海上自衛隊が先月、安全保障関連法に基づく米艦を初めて実施したことに「既成事実がどんどん作られ、それを合理化するような法律が作られ、気がついた時には戦争が始まっていたということになるかもしれない」と指摘。
 愛敬浩二名古屋大教授は護憲運動に触れ「(改憲に)反対してきたからこそ、九条は変わらなかった。平和国家が問われている。絶対に負けるわけにはいかない」と呼び掛けた。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「九条の会」講演会 改憲提案に危機感 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる