満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「オンブズマンが行く」 2017年7月号 

<<   作成日時 : 2017/07/12 05:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「江東区民オンブズマンの会」の会報2017年7月号(NO.157)。二面のトップは「費用弁償」を考える。左肩のコラムは「監査委員の見識」と題して正木 毅代表幹事が筆を執りました。他にオンブズ情報とお知らせ欄が。

画像
     費用弁償を考える
     墨田 台東区も廃止

 
 議会に報酬とは別に「費用弁償」という制度があります。本会議や委員会などに出席する議員に一日3000円が支給される。議員が「職務を行うため要する費用の弁償を受けることができり」とする地方自治法の基底に基づくもので「交通費」と説明されます。
 金額や支給方法は条例で定められているのだが・・・。でも「チョット変ね?」との声が聞かれます。
     都議会は1日1万円 
 東京都議会は1日1万〜1万2千円の費用弁償が支給されます。共産党など4会派が交通費の実費支給にする条例案を2月議会に提出しましたが、自民、公明、民主の反発で採決すら行わず見送られました。
 墨田区議会、台東区などでは既に廃止しています。
 交通費なら、3000円は高すぎるでしょう。都バスを乗り継いだとしても往復840円。区議会の先生方、キチンと区民に説明してください

画像
    監査委員の「見識」
          代表幹事 正木 毅
 

 教育委員や選挙管理委員、監査委員を「行政委員」と呼ぶそうだ。区長や議会から独立した権限を持ち、一人ひとりが自らの判断で職務を行うことになっていると言います。
 江東区の監査委員の場合、定数が4人(議員選出が2人)で任期あ四年。人格が高潔で地方自治体の財務や事務辞表にたけ、行政運営に優れた見識を持つひとを区長が「議会の同意を得て、選任する」とあります。
 「区長から独立」とあるのに区長が選任すると言うからえ!と思う。また、任期四年と言うのに毎年議員が選挙で選ぶ。なるほど報酬の分け取りか?と思いたくなる。
 さる5月25日の議会で選ばれた監査委員のT議員が「人格高潔}「優れた見識」の持ち主だろうか?
 このひと、政務活動費で飲食会の会費や「浮世絵師列伝」や「気遣いのキホン」など自分の趣味?の図書を購入し、昨年オンブズマンに追究され、監査の途中で訂正し、全額区に返還するなど、監査逃れの問題を起こしていた議員さんだ。「返せば」人格も見識も問われないのだろうか?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「オンブズマンが行く」 2017年7月号  満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる