満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ふくわらい」 4月号 @

<<   作成日時 : 2018/05/05 05:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「NPO法人 高齢者が住みよいまちづくりの会」の会報、2018年4月号(NO.110)が発行された。以下はその一面。トップは佐々木治代さん(東砂在住)の投稿・「過少支給! あなたの年金は大丈夫!」が載せられ、コラム「孫の手」が続く。
画像
【孫の手】 
 1941年、これまでの小学校は国民学校に変わり、教科書は兄たちが使っていたものとは異なり、全面的に戦争推進のものになった。その年の12月8日、太平洋戦争が始まり、生徒は「日の丸」の小旗を持って万歳!と行列した。朝礼、入学式などは宮城の方向に最敬礼。教育勅語、国語・修身は暗唱さ有為新せられた。教職員にも強制的にこうした教育に従わせ「天皇のため命を捧げる」ことが教育の要となった▼広島。長崎の原爆投下、沖縄戦など国民の大きな犠牲の上に、1945年終戦を迎えた▼これまで使っていた教科書は黒塗り意味不明だが、教師の暴力はなくなった。中学になると分厚い「民主主義」「憲法の話し」が社会科で使われ、、むさぼるように学んだ。学校運営も運動会・学芸会など生徒会の自主的な運営が行われ、輝く青春だった。終戦でも変わらないのは空腹生活だった。
画像
▼安倍首相夫妻の関与で、国有地が10分の1の価格で払い下げられた森友学園。今、野党が結束して真相解明に奮闘している。この学校の系列・塚本幼稚園では教育勅語を柱に右翼的教育、安保法制など日本の軍国主義化を推進、改憲推楽章進署名まで取り組んでいるという▼今年度から道徳が教科に導入され、元文部科学省事務次官の前川氏の講演に国が関与するなど目に余るものがある。国家が教育に前面関与するのは時代の暗黒化、二度とゆるしてはならない。(清)



画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ふくわらい」 4月号 @ 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる