満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「オンブズマンが行く」 2018年5月号  

<<   作成日時 : 2018/05/05 13:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「江東区民オンブズマンが行く」の会報・2018年5月号(NO.167)。その一面には土地の叩き売りは「森友学園」だけではないと、新たな事実が暴露されている。執筆者は矢野政昭氏。下欄のコラム「声」は鈴木康吉氏によるものか。
画像
   森友8億円、選手村は1200億円値引き
 
 森友学園の土地問題は国会でも大きく取り上げられ、8億円の値引きは無かったゴミを、あることにしたインチキ査定だったことが明らかになった。
 一方、晴海選手村では都有地の投売りで9割引き、坪33万円。1200億円の根拠を隠しています。これまでに情報公開を求めましたが「黒塗り」の文書しか出さず不明のままです。
 小池百合子都知事は「情報公開は1丁目1番地だ」と言ってきましたがこの公約は守ろうとしません。左の図のように、銀座から約3`、中央区晴海の土地が坪33万円というのは誰が考えても非常識です。 
 しかも売却について都議会にもかけずに進められ、都民ファーストを看板にしているのに都民に説明もせず、闇の中の取引です

 都民の同意も得ず、都民の財産である都有地を大手不動産業者に売り渡すなど許せない、と33人の都民が訴訟を起こしました。
 被告の戸川弁護士は「廉価でない」としながら逆に「都知事と関係職員、不動産鑑定士への名誉棄損だ」などと、都民を脅かすような陳述をしています。都有地をなぜ格安の9割引で売るのか。都民に損害を与える「投売りは許さない」とする訴訟です。(矢野政昭

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「オンブズマンが行く」 2018年5月号   満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる