満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 人口減少・高齢化 「存続への危機感」

<<   作成日時 : 2018/06/11 05:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 人口減少に悩む広島県安芸高田市(浜田一義市長)は三月、今後5年間で、市内に住む外国人の半数に、市民として定住してもらうことを目指す方針を打ち出した。(東京新聞ー片山夏子)
画像
    広島・安芸高田市ルポ
 
 これが報じられると、外国人移民が大量に国内に入ってくることを懸念する声などが、ネット掲示板などに寄せられた。だが、市側の方針は揺るぎない。いったいどんなところなのか。現地に足を運んで、行政、定住外国人、地元市民それぞれの声をきいた。

デスクメモ 
 田舎に対し、都会人は身勝手にも、しばしば古き良き「田舎らしさ」を押しつけたがる。消滅の機器に直面した安芸高田市の先進的な試みに、口先で難癖を付けるのは簡単だ。しかし、そんな日本人が、母国を離れて同市に定住する外国人の皆さんより、同市を愛しているだろうか。(典) 【こちら特報部】 2018・6・8


画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人口減少・高齢化 「存続への危機感」 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる