アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「沖縄詩集・抄」のブログ記事

みんなの「沖縄詩集・抄」ブログ

タイトル 日 時
沖縄詩集・抄 遠い島じま
沖縄詩集・抄 遠い島じま 札幌市に住む詩人会議会員の永井和子さん。人呼んで沖縄詩人。50数年返還前から沖縄に思いをよせて書き続けてきました。これは彼女の沖縄に関わる連作「沖縄詩集」の集約されたもの。「抄」として2011年11月1日に発刊されたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/07 05:32
沖縄詩集・抄 沖縄旅行
沖縄詩集・抄 沖縄旅行 札幌に住んでいながら通称”沖縄詩人”といわれる詩人・永井和子さんが沖縄をテーマにたくさん詩を書いています。かって認めた「沖縄詩集」「続沖縄詩集」の抜粋がこれです。二編おくります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2012/03/06 05:14
沖縄詩集・抄 いまもその島は
沖縄詩集・抄 いまもその島は 札幌市在住の詩人会議会員・永井和子さんが2010年11月1日に発刊した「沖縄詩集・抄」から「いまもその島は」(25頁)を掲載します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/05 14:19
沖縄詩集・抄 その声を叩きつけろ
沖縄詩集・抄 その声を叩きつけろ 札幌在住の詩人会議会員・永井和子さんが2011年11月1日に発刊した「復刻版1 沖縄詩集・抄」から「その声を叩きつけろ」(17頁)を掲載します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/05 04:47
沖縄詩集・抄 沖縄の声
沖縄詩集・抄 沖縄の声 札幌在住の詩人・永井和子さんが発行した「復刻版T 沖縄詩集・抄」(2010年11月1日)から29頁の「沖縄の声」を掲載する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/04 05:22
これが沖縄だ! 永井和子
これが沖縄だ! 永井和子 「『沖縄詩集』が、絶版になって45年、『続沖縄詩集』が同じく絶版になってからでも40年が過ぎた。なぜ、いま、その復刻版を造ろうとしているのか」、大阪生まれで、札幌に住む詩人の永井和子が「復刻版」のあとがきでこう書きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/12 06:56
いま、なぜ沖縄を詩うのか
いま、なぜ沖縄を詩うのか 先ごろ詩人永井和子さんは「復刻版・沖縄詩集抄ー復刻版」を発行した。そのあとがきで、「私の『沖縄のための組曲』が再演されることになったが。そのことは、大きな歓びだが、同時に悲しみである」と、そして「いつまで、沖縄の詩をうたいつづけなければ、ならないのか?」と書きつづっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/03 06:49
どこまでも素朴な叙事詩よ!
どこまでも素朴な叙事詩よ! 詩人会議を立ちあげた一人、詩人の故坂井徳三氏が永井和子さんの詩を評して、つねひごろいっていた「よそ行きの興奮でない感動を、私たち自身の生活の手もと、生命の足もとに引きよせた形で、吹きあがっていく」と。復刻版・「沖縄詩集・抄」では氏の言葉を「あとがき」で引用している。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/11/26 12:40
あなたはオルガンをひく
あなたはオルガンをひく 「沖縄詩集・抄」(永井和子著)の詩の中からの第四段。詩人会議の著者が崇拝する故坂井徳三氏は、以下の二編の作品について、「どこまでも素朴な抒情詩としての、その映像形式のなかで、痛切な民族的・人間的な問題が次々とリズムと言葉を獲得してゆく・・・・・・」と記す。(1966年8月)   ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/25 08:18
沖縄のための構成組曲
沖縄のための構成組曲 2010年11月21日、処女詩集沖縄から歌になった構成組曲が、30年ぶりに、当時歌ってくれた琉球大学合唱団有志の力で、再演されることになった。そのことは、大きな歓びだが、同時に悲しみでもある。いつまでも、沖縄の詩をうたいつづけなければ、ならないのだろうか? 永井和子 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/24 10:12
燃えさかるトーチをかかげ
燃えさかるトーチをかかげ 今なぜよみがえるのか「沖縄詩集」。北海道に住む「沖縄詩人」の永井和子が訴えます。「日本政府は、沖縄の「施政権」を取り戻し沖縄が日本になったという。では、なぜ、今も、沖縄がアメリカ軍の思うままにされているのだろか?」と。本篇「聖火」は1965年、週刊紙「日曜版」元旦号を飾り、日本復帰の願いをトーチに託した。        ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/24 06:56
復刻版T 沖縄詩集・抄
復刻版T 沖縄詩集・抄 北海道・札幌に住む詩人・永井和子が復刻版「沖縄詩集・抄」を発刊するにあたって次のように書く「沖縄詩集」が、絶版になって45年が過ぎた。あの詩集はもう無いのですか?今頃になって問われることが増えた。沖縄がいまも、処女詩集以来、アメリカのものである現実があるからだろう。いやそれ以上悪くなっている・・・。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/23 10:38

トップへ | みんなの「沖縄詩集・抄」ブログ

満州っ子 平和をうたう 沖縄詩集・抄のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる