満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 江東9条の会ニュース

<<   作成日時 : 2008/06/21 08:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 第3回の森田 稔さん(現自治労連都庁職・書記長)は講演のなかで内緒話を二つ披露された。

お父さんのこと 
 要介護5で認知症の親父を78歳で老々介護のおふくろが、ある時、手を携えてトイレに行った。「お父さん、これ、夫婦相和しね!」といったら、戻ってきた親父の言葉に驚いた。普段はろくに会話もできない親父がスラスラと「朋友相信じ恭倹己を持し・・・」と続けたという。子どものころ覚え込まされた教育勅語の一節をいまでも忘れていないんです。

石原知事のこと
 記者会見の席、ダンデイでなる石原都知事のスーツの上下の色違いを見て、記者が質問した。「知事、今日はどうしたんですか?」に「アッ」といってその場はとりつくろったが、その後が大変だったという。家に電話するなり「お前、『銃後』の備えがなってない!」と夫人にあたりちらしたという。外でも内でも声高な人。戦中用語を平気で使う古いひとなんです。

(注)
@戦時中は国民学校の学童でも教育勅語は暗記させられた。放課後、教師からスラスラ言えるかどうか点検を受け、戸惑うものなら居残りを命じられた。

A文字通り「銃」の後ろ、前線でない内地のことを言った。「銃後の守りは大丈夫か!」などの言葉はよく使われた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
江東9条の会ニュース 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる