満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 憲法9条 私の一言 B

<<   作成日時 : 2008/08/21 07:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私のひとことー「九条の会」及び「江東9条の会」のアピールに賛同し、私のできることからはじめます。

 山内善昭

 2005年の元旦、年賀状を書きながら73年生きて、あらためて日本国憲法をちゃんと読んだことがないのに気づきました。今、憲法を一生懸命読んでいます。

 坂口啓史

 この世の中に正義に勝るものはない!日本国憲法は、第二次世界大戦後、日本にひとつの爆弾を落とされることもなく、また、他国に爆弾を落とし、人々を殺すことをさせなかった。日本国憲法こそ、世界が目指すべき道だ!

 浜辺 清

 戦争を出来る国にするたくらみが目だってきている。戦争体験者として、平和が如何に尊いものであるか、切に感じている。共同と連帯の運動を強めていきたい。

 菅原 勲
 地域、職場、趣味等々あらゆる場に「九条の会」が作られることを期待しています。私もさる9月、有志と語らい、全国組織・「図書館九条の会」を設立、この歴史的運動にとり組んでいます。私自身は図書館OBですが、この会の構成は、「図書館が好き」「図書館は友だち」「図書館利用者」など、アピ−ルも広く呼びかける内容です。「戦争の時代に図書館は衰退する」ことを古今東西の歴史は証明しています。

 川井田 守

 運動論としてこれまで改憲勢力は、昔のような押付け憲法論よりも、正面きって改憲を進める力を持っているとともに、民主党などの補完勢力やマス・メデイアを総動員した変化球(新しい権利=環境権、プライバシー権など9を用意しています。善意の人たちを巻き込む「新しい人権」を軽視せず、正面から訴えかけていく必要を感じています。
 現憲法の規定で、すべての人権(新しい、というものを含めて)を保障しようとすれば、できることなのに、それを実現しない政治にこそメスをいれなければならないということなど、訴えていきたい。
 また、司法権が「憲法の番人」でなく、「憲法の番人」として、国民から隠している実態なども、様々な機会に明らかにしていきたい。自分の出来ることを、みんなで一つひとつ実行しましょう。

 小川陽子

 戦後60年、日本は平和であったことを誇りに思います。憲法9条は平和の核です。「改正」なんて絶対に許せません。

 佐藤一郎

 憲法を守る活動に制限はまったくありません。思いつくかぎりのことを仲間とともにしていきたいと思います。

 そが 幸

 砂町に暮らして二十数年になります。ときにふれ、区内をめぐり歩いています。そこで目につくのは「東京大空襲の跡の碑」とかです。よほどひどかったことがうかがえました。あれから60年、9条がねらわれています。平和のすべての始まりです。横暴は絶対に許してはなりません。憲法9条は最高の宝です。

 赤羽目民雄

 世界に誇る平和の宝、憲法九条があってこその世界平和、憎しみと報復の連鎖を断ち切るためにも、九条を守り発展させることが大事です。これからの世代に残したい。人が人を殺さないために。
画像
〔注〕 「私のひとこと」は「江東9条の会」が04年12月に発足以来のものを掲載しています。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
憲法9条 私の一言 B 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる