満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 雲流るる果てに D

<<   作成日時 : 2008/08/08 12:09   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

昭和15年、世は戦時色であふれていた。八歳の小学生の私は兄貴に手をとられて九段坂を上っていた。「いつか、きっとここで会えるからなあ・・・。よく覚えていてくれ」と言われていた。

 庭に咲く桜はいつまでも 「反戦の花」咲かせつづけよ

 昭和21年の春、あたりは焼け野原。そんな中で、靖国神社をたずねた。だがそこに兄貴はいなかった。「〜春の梢に咲いて会おう」(「同期の桜」)を本殿で歌う同期生とその遺族の目はうるみ、うちふるえていた。

 毎年十月になるとさまざまな思いがよみがえってくる。昭和十八年十月二十一日、雨ふりしきる神宮外苑での学徒出陣壮行会。翌年の十月二十五日は、神風特別攻撃隊の先陣がフィリピンで突っ込んでいった。以後、終戦まで、三千人を超える若者たちが帰らぬ空に飛び立っていった。そのなかに兄貴もいた。

 鹿児島県知覧町の「知覧特攻平和会館」で若き兵士たちの遺影を前に立ちすくみ涙した小泉首相。「ああ同期の桜」という海軍飛行予備学生の遺稿集に感動し、鎮魂の想いで首相は靖国にいくという。「いろいろ」が口癖のコイズミ首相。靖国への思いは一つでなくてもいい。ただ一つ同じでなくてはならないもの、それは、本当に「もう二度と戦争はしない」だ。先の大戦で多くの日本人は肉親をなくし、日本軍は数多くのアジア人を殺し、傷つけた。

 今月末にも出されるであろう自民党の新憲法草案には、憲法九条にある「戦争の放棄」について「武力行使」が可能になるような文言が入ってこないだろうか。仮にもそのようなことがあれば「靖国の英霊」たちはなんと言うだろうか。

 今年は戦後六十年、靖国にはよく行く。そして胸に刻み込み、九段坂を下りながら思う。庭に咲く桜はいつまでも「反戦の花を咲かせつづけよ」と。ー永井至正記(東京新聞・05/10/25日投稿欄)
画像
靖国神社に昇殿参拝する遺族会会員戦後ほどなく、紙一重で生還した同期生と遺族が「靖国」の本殿に昇殿、「同期の桜」を斉唱したことを思い出す。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雲流るる果てに D 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる