満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 2・10江東「憲法の集い」

<<   作成日時 : 2008/12/19 06:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

来年(09年)2月10日に江東区・文化センターホールで開かれる「ライフ&ピースin江東〜2・10憲法の集い」のプログラムがほぼ決まりましたのでお知らせします。(なお、詳細は後日)

  ライフ&ピースin江東〜2・10憲法の集い
 
 □記念講演 伊藤 真さん(法学館 伊藤塾 塾長)

 □文化行事
 憲法漫談
 ナオユキさん

 司   会 菊千代さん 

 □と き 2009年2月10日(火) 18:15開場 18:30 開演

 □ところ 江東区文化センターホール(江東区役所隣)

 
 □資料代 500円
 
 ナオユキさんのプロフィール

 本名・木藤直之(41歳)。名張市出身。20歳でお笑いの世界へ。いま平和憲法をネタにした漫談が注目を集め、改憲論議の高まりとともに全国から出演以来が増え、笑いの絶えない公演は200回を超える。
 こんな調子で話します。
「人間ちゅうのは弱い者やから、(軍隊を)持ってたら何するやろうか。喫煙もそう。体に悪いの分かってるけど、まぁええか1本だけ。ミサイル持つとったら、まあええか1発だけ」「手先の器用な日本人がアメリカの手先になっている。できあがったもんが『武器用』」(朝日新聞08/4/30・「漫談で咲かす「平和憲法」の花」より。)

 伊藤 真さんのプロフィール
 
 いとう・まことー1958年東京生まれ。東京大学在学中に司法試験に合格。その後、司法試験や公務員試験の合格者を多数輩出している受験指導校・伊藤塾の塾長。『伊藤真の憲法入門』(日本評論社)、『憲法のことが面白いほどわかる本』(中経出版)など著書多数。

画像
 語り口はこうです。
 そろそろ卒業式ですね。みなさんも、「君が代」とSMAPの「世界に一つだけの花」を歌って先輩を送り出すのでしょうか。それにしてもまた極端な取り合わせですが、実はSMAPのこの唄は憲法で一番大切なことを歌っているのです。
「そうさ 僕らは
世界に一つだけの花
一人一人違う種を持つ
その花を咲かせることだけに
一生懸命になればいい

小さい花や大きな花
一つとして同じものはないから
NO.1にならなくてもいい
もともと特別な Only one      (SMAP「世界に一つだけの花」より)

みなさんも憲法の基本三原則くらいは習いましたね。そう、国民主権、基本的人権の尊重、戦争放棄です。でも、もっと大切なことがあります。憲法で一番大切なこと、それは、「個人の尊重」という考え方です。憲法の一三条を見てください。「すべて国民は個人として尊重されると書いてあります。それは、「人は皆同じ」「人は皆違う」という二つのことをいっています・・・。(雑誌・世界04年4月ー伊藤真の「中高生のための憲法教室」)より。



 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2・10江東「憲法の集い」 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる