満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「赤旗・読者の広場」を読む

<<   作成日時 : 2009/03/19 08:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「しんぶん赤旗」日刊紙に「読者の広場」という投稿欄がある。毎日、朝一番で各種新聞を見開くことにしているが、比較的丹念に読むのがこの「読者欄」。それは時折旧知の友人の投書が掲載されているからである。ご無沙汰の友人の消息が文面から察知され、ある時はその時代に引き戻され、ある時は鼓舞され、元気をもらう。今朝は北の大地、札幌からの便りである。

   埋まっていた 「第五福竜丸」  札幌市 永井和子(74歳)

 北海道の国際女性デーの講演者は、アーサー・ビナードさんでした。第五福竜丸を描いたベン、シャーンさんお絵に言葉をつけた詩人です。講演の中身も素晴らしかったのですが、思い出したのは、東京・江東区夢の島に埋まっていた、第五福竜丸を掘り出す手伝いをしたことでした。

 声をかけてくれたのは、「沖縄・小笠原返還同盟」の江東区支部長をしていた土建組合の方でした。ぞうきんを持ち、長靴をはいてかけつけたとき、船はヘドロにまみれていました。

 復元された第五福竜丸は、日本の三度目の被爆証言者として、「赤旗まつり」の会場にもなる夢の島の記念館におかれ、いまでも訪れる人が絶えないそうです、絵本はしっかり買って帰りました。
画像
〔注〕アーサー・ビナード(Arthur Binard,1967〜)

アメリカ、ミシガン州生まれの詩人・俳人・翻訳家。夫人は木坂涼さん。『ここが家だ ベンシャーンの第五福竜丸』(集英社)など多数。

 

  

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「赤旗・読者の広場」を読む 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる