「9条の会」からメールが

「9条の会」編集部から8月25日付「メール・マガジン」が届きました。題して[総選挙」。それにはこう書かれていました。「30日は第45回総選挙の投開票日です。憲法9条が守られ、生かされる方向に、政治が進んでいくように願って止みません」
 ▼有明講演会(江東9条の会撮影)
画像
 つつげてこう書かれています、憲法12条は「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、不断の努力によって、これを保持しなければならない」と。

〔蛇足〕辞書によると「不断の努力」とは「絶えず続けてすることを表わす」(新明解国語辞典)とある。とすれば今度の総選挙は続けることの一行動、しかも「9条守る」重大な行動の一つと理解しなければなるまい。

〔独白〕同時に行われる「最高裁9裁判官国民審査」というケッタイな所業を有権者は行使しなければならないという。×以外はすべて無効という極悪制度だ。加えて最高裁判所裁判官15人の年齢を調べてみると73~62の中に全員入っている。つまり終戦時は小学2年生か未だ生まれていない。戦争を知らない裁判官が戦争関連の訴訟について冷静で的確なジャッジが出来るのかと危惧するのだが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント