区議会政調費これでいい?

江東区民オンブズマンの会発行の機関紙・「オンブズマンが行く!/のNO.60号」を頂きました。今月は江東区議会政務調査費の特集です。微に入り細に入り同会が調べ上げ発表し、その乱脈ぶりを告発しています。

  北海道や九州へ観光?旅行
  
 江東区民オンブズマンは08年度の区議会政務調査費を点検しました。

画像
 観光地の調査と称して公費旅行

 年間1億円を越える議会の政務調査費。区民の批判の元、自粛傾向にあるものの、相変わらず派手なのが自民・公明だ。島根県石見銀山へ一人7万9千円。北海道旭山動物園へ12万5千円など区政と関係のない視察旅行をくり返す自民党。しめて160万円。

 公明党も負けていません。函館の地域交流センター(39万円)、富山の路面電車(27万円)、北九州市のバリアフリー(一人9万円)など合わせて280万円使っていました。

 市民の会=江東は、カナダへ8日間の視察。2人で総額58万円を支出していました。

 ケイタイ電話の使用料も何と113万円
 
 さらに、ケイタイ電話の使用料の4割を公費で支出している議員が大勢います。
 自民党=7議員41万円 最高10万円の議員も
 公明党=9議員25万円
 民主クラブ=8議員46万円

 「公務でケイタイ電話をかける事が多い」というのが公費負担の理由だが、納税者・区民は納得するでしょうか。

画像






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント