「合唱団この灯」演奏会⑥

「昨日も演奏会のレッスンがありました。私たちは『おそすぎないために』(当日唄う合唱構成曲)をあの日の想いを胸に刻み、歌い上げています」と団員の一人、難波昭子さんからメールをいただきました。それには、当日指揮をされる堀喜美代さんの“昭和ひと桁生まれ”とは思われない、バイタリティーあふれる素敵なメッセージと写真が添えられていました。

画像
      “三月十日”を忘れない  
   「合唱団 この灯」 堀 喜美代 
 
 
 三月の声を聞くと、街角や公園で“ちんちょうげ”の花が咲き、三月十日を思いおこさせてくれます。一夜に十万人の人々が人生を断ち切られた”東京大空襲”私たちは「再び炎の街を許すな!」と合唱団を作り歌い続けて来ました。

 今年はあの日から65年・・・・・・
 焼かれたままの肌をさらして立ちつづけて来た墨田区の飛木(とびき)稲荷の“焼けいちょう”の思いを歌につづり、“いのちをうたう”コンサートを開きます。

 連休の5月4日、「ティアラこうとう」大ホールで平和への思いを共にう歌いませんか。ニューヨークのつどいに呼応して!
 (注)

追記〕堀 喜美代さんは「江東9条の会」の呼びかけ人の一人。2004年12月、「会」発足時に次のようなコメント(要旨)が寄せられていました。「敗戦一日前の八月十四日、熊谷空襲で焼けだされ、さんざんでした。昭和一桁世代の思いは皆おなじ、『歌声は平和の力』とひとすじに生きてきた私です。だから『歌声で平和を語り継ぐ』をモットーに皆さんとともに頑張ります」

【注】今年(2010年)5月4日、ニューヨークで「核兵器をなくそう・世界青年のつどい」が開かれます。 
      
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント