満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 特攻出撃直前 兄の姿が

<<   作成日時 : 2010/07/13 09:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

コロンビアから出されている“音の楽園”という小冊子を見てあるページに釘づけになった。ドキュメント「特攻」というDVDだ。そこには写真に(左イラスト参照)「海軍神風特攻 第七 第九金剛隊が爆装零戦20機 彗星1機で出撃した」と書きこまれている。購入して見る。ナレーションは「12月15日海軍特別攻撃多隊出撃 護衛空母マーカス・アイランドに海面すれすれで突入」と流す。

画像

  兄・神島利則中尉のこと

 これまでの記録によると彼の出撃模様はこうである「1945(昭和20)年12月15日、神風特別攻撃隊・第七金剛隊、フイリピン・セブ基地0630出撃、爆装零戦3機、直援機2機 ネグロス島方面輸送船団を攻撃するも全機未帰還戦果不明」というものだった。
 画像を繰り返し凝視すること2〜3度ほんの0.1秒、横顔を見たような気がした。21歳、淡々とした姿に唯ただ衝撃が走る。「別れ」を惜しんでから67年、こみ上げるさまざまな生き様に情感のやり場を失った。

 今日は怒りと涙の一日になるに違いない。彼が好んだ「別れのブルース」と「別れ船」をバックにあの戦争は何だったのか反芻したい。


画像
【注】12月15日(昭和19年)、米軍はルソン島間近のミンドロ島上陸作戦を進めてきた。上陸用兵員は二万七千名、これを邀撃する日本軍は二個中隊に過ぎなかった。サンホセに向けて北上するミンドロ島周辺の攻略部隊の索敵攻撃に第7、9、10金剛隊、草薙隊が出撃し、大きな戦果を挙げた。すなわち第七金剛隊爆装(250キロ)零戦三機、(沢本、神島、織田)各中尉、直援二機がセブから出撃特攻散華した。(第13期海軍飛行専修予備学生誌・239頁) 

 



空のかなたに?出撃・知覧飛行場 特攻おばさんの回想
葦書房

ユーザレビュー:
説明以上の商品状態商 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 空のかなたに?出撃・知覧飛行場 特攻おばさんの回想 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
特攻出撃直前 兄の姿が 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる