満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 席ゆずりにほっこり 小樽

<<   作成日時 : 2010/07/22 07:57   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

ひなびた山の国民宿舎の温泉に行きました。帰路乗ったのは、昆布から小樽行きの単線。途中で、どっと二十数人の中学生が乗り込んで満員に。そこへ次の駅で、年配の男性が乗ってこられたのです。

   ▼小樽駅前
画像
  胸のなかに、ほっこり灯が

 でも、席は中学生でいっぱい。と、一人の女子中学生が、男子に「おとうさんに席ゆずったらんかい!」と怒鳴りました。でも、男子生徒は知らん顔。

 案じていると、その中学生は、さっと席を立って、おじいさんに声をかけ連れて来て坐らせたのです。

 胸のなかに、ほっこり灯がついた気分でした。

 もう一つ、うれしかったのは、その女の子が「おじいさん」でなく、「おとうさん」と呼んだことでした。おじいさんと言ってもいいお年なのに。
 ローカル線の旅の良い思い出になりました。
 (札幌市南区 永井和子)

【追記】ほのぼのとした記事にほっとした。しんぶん「赤旗」7月22日付「くらし・家庭欄」である。「ほっこり灯がついた」のほっこりの意味は文脈の中から見当はついたが、正確を期すために調べてみた。ネットで検索すると「ほっこり」とは「ほっくり」から転じたもので中まで暖かい様子を示す」「京都弁の『ほっこり』は仕事ややっかいごとが終わってひと安心時の疲労感を示します」とある。さすが関西出身の詩人・永井和子さん。激戦の7月を終えてこっそりエピソードを知らせることによって多くの人と想いを共有し、明日にむけてしばしの「ほっこり」感を味合おうとしたのだろう。よくよく見ればこの新設「コラム」の題名が「ほっと」である。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
席ゆずりにほっこり 小樽 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる