満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 詩集 終わりからはじまる歌B

<<   作成日時 : 2010/10/14 07:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

永井和子という詩人は一貫して「女だから、いいたいこと」をいっぱいうたいあげてきた。「小さな家のなかから世界に」ひろがろうと励むなかで「いいたいこと」をいおうとして書き続けてきた。本編では「月見草」に想いを託した。

画像
  月見草の花によせてKさんに

うすやみのなかに
月見草の甘い匂いがゆれた

女だから
いいたいことはいっぱいある
熱くこみあげてくるものが
疲れたあなたの額ににじむ汗
それをいたわるわたしの
指先の痺れ

女だから
子どものことも
夫のことも
くらしのことも
小さな家のなかから世界に広がることも
いいたいことはいっぱいある
噴きだしそうに燃えているものが
だけど いまそれは言葉にならない

あなたが黙って折ってくれた
月見草の花の透明な黄色が
わたしたちのはげしい想いを
やさしくつつんで燃える

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
詩集 終わりからはじまる歌B 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる