満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 人は なぜうたうのだろう

<<   作成日時 : 2010/11/27 07:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

再び三度「永井和子 岡田京子ソング集」をひもといてみよう。先に永井和子さんが岡田さんに「詩人の意識の底に眠っているいるものをひき起こしてくれた」とのメッセージに岡田京子さんは「人はなぜうたうのだろう」という未知のテーマを呼び覚ましてくれた、と心からのエールを永井さんによせた。

▼岡田京子さん
画像
 永井和子さんのこと    岡田京子 
 
 気がついてみたら永井和子さんの詩だけで1冊の歌集が編めるほどになっていました。そのほとんどが、この数年間にできたものです。
 この歌集の編集がほとんど終わったころに、また、「海」や「旅」ができたりして、お互いに困ったりでした。
 こうしてみると旧い知り合いとはいえ、私たちは今までちっとも出合っていなかったのだ、と、今、思います。

 ことに、北の地に移り住んでからの彼女の詩にぐんぐん魅きつけられていきました。

 一見、明るく屈託なくみえる彼女にも、通りぬけて来たたくさんの苦しみや悲しみがあったはずです。それは北の自然によっていやされ昇華され、新しい永井和子を誕生させて行った、と私には思えます。主情や主張が消え、自然のいのちに包みこまれた彼女が、そこから、私たちに向って呼びかけてくれる声があります。

 お互い、永い詩や音楽の関わりのなかで、わかりきっていたはずだった「人はなぜうたうのだろう」というテーマが、あらたに未知のものとして私たちの前にあることに気づかされています。
 それは「人間とはなんだろう」「人はどのように生きていけばいいのだろう」という問いかけに深くつながっていくことも感じています。
 そのことに向って、ためらわず仕事を重ねていける仲間としての彼女の存在に、私は感謝しています。
 この歌集がまた、そんな仲間をふやして行くことに役立つことを願っています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人は なぜうたうのだろう 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる