満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS おれは『民老』つくるんだ

<<   作成日時 : 2011/01/10 09:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「『赤旗』は1面から読み始めますが、私の楽しみは後半の暮らしにまつわるページです。「読者の広場」や思いがけない記事に、知人・友人も名前をみつけるとうれしくなります。」との書きだしではじまる1月10日付の記事を見つけた。詩人で札幌在住の永井和子(76)さんの投稿だ。

▼峯 陽氏(上坪陽の別名)の作品集
画像
 念を入れて探すのが、「高齢者の厚労省前の座り込み」の写真です。そこに探している顔があると、「あっ、いたいた、相変わらず頑張ってるなあ」とうれしくなります。「上坪陽さん」の顔です。
 出会ったのは、もう四十数年くらい前。その頃は、民青(民青同盟」の時代、彼は「おれはいずれ『民老』をつくるんだ」と、よく話していました。
 まだ若かった私たちは、「民老」なんてと笑ったものです。しかし、高齢者が増え、高齢者いじめが横行する現状を見ると、彼は昔から自分の活動の展望を持っていたのだなあと感じます。

 彼の変わらない顔を見つけるたび、また今年も元気でいてくれたんだな、私も元気で働いていなくちゃと勇気をもらいます。


追記】息子の母親でもある永井和子氏。上坪陽氏とは詩人会議でかっては旧知の仲。「満州っ子」も新宿西口に居を構え、都庁の民政局の仲間たちとの「たまり場=工房・いろり」を運営。彼が代表世話人、私が事務局長を務めていたことがある。上坪氏とは同年生まれ、出身地は旧満州・新京(現・長春)と同じ。詩人で作曲家の彼。名前は三つあり「峯陽」、「ともろぎゆきお」そして、本名が上坪陽である。上記事の写真が不鮮明なので掲載出来ないのが残念。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おれは『民老』つくるんだ 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる