満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 災害のとき 高齢者は!

<<   作成日時 : 2011/03/18 07:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東日本を襲った大地震、テレビの画面の惨状に釘づけになりました。 折もおり、66年前のの三月10日、死者10万人の東京大空襲を思い出させます。その江東区でも新木場・辰巳・豊洲など私たちの住んでいるまちで、大きなショックを与える爪痕を残しました。(機関紙「ふくわらい」から)

画像
  辰巳団地の被害状況を調査に 

 14日、一番被害がひどい辰巳団地十街区(人口1万人)の被害状況を自治会小田原事務局長(地震対策本部長)に案内していただきました。
 十街区にある辰巳第保育園の園庭は当日2メートルの土砂が噴出、子どもたちは当分他の園に通園となりました。団地の通路も花壇も至るところ液状化による土砂が積まれたり、一面に広がっています。アスフアルトのひび割、下水管も破損しています。
  

  階段が一段無くなる? 

 ある入口の階段の下のアスフアルトが陥没したため丁度階段が一段無くなったようになり、危険で使用禁止の張り紙が。電信柱は右に傾き、下水管の破損した家の下の階には汚水が流れたり・・・。

 築40年以上の辰巳団地(ゴミ処理のため東京湾を埋め立てた)、高齢化が進んでいます。「一人では部屋に怖くていられない」「夜心配で眠れない」の高齢者の声が届いています。
 東雲の都営住宅では、家具、食器の倒壊、風呂釜の破損など後始末や修理で大変です。テレビのテロップが報じている亡くなられた方のお名前と年齢、70〜80歳が圧倒的です。
 

  「災害のとき、高齢者は・・・」、東日本大地震で被災された方と連帯しましょう。お見舞い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
災害のとき 高齢者は! 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる