満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 4月 沖縄は戦争を思う月

<<   作成日時 : 2011/03/19 07:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アメリカ軍が大挙して沖縄の読谷村に上陸したのは4月1日。あれから69年、沖縄戦についてはこれまで語りつくされているようですが、やはりこの季節になれば思い出さずにはいられません。今年も「沖縄詩人」といわれる、詩人の永井和子さんに登場ねがい、あの凄惨で日本人として忘れ難き「想い」を再び、三度、詩(うた)ってもらいましょう。

▼沖縄戦で住民が避難した「ガマ」
画像
  島 口 説しまくどち

戦場(いくさば)になりてぃ
島はうちこわされ
変る心(くくる)や 海の青さ

雨と降る弾は
アメリカの艦砲
闇に光る銃は 日本軍

逃(に)ぐる島人(しまんちゅ)が
追いたてて殺し
食べるものも奪う 天皇の兵

外にはアメリカ
内には皇軍
餓えて泣く子よ アブラチガマ(*)

親は子を斬り
自らも死んで
手榴弾(たま)にとび散る 幾万の命

戦の心は
けだものの心
つきぬ恨見よ 海の青さ


】沖縄戦で住民たちが逃げこんだ天然の風洞(ガマ)の一つ。多くの犠牲者が出たことで知られている。(本稿は2011年に掲載されたもの)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
4月 沖縄は戦争を思う月 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる