満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「江東9条ニュース」21号

<<   作成日時 : 2011/04/14 06:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2面は「東京大空襲を語り継ぐつどい」の特集です。焦土から甦った江東だからこそ、「戦争をしない国」への思いあふれます、との言葉は「江東9条の会」発足の原点です。あれから66年、今年も「集い」がつづきます。記念講演は海老名香葉子さん、都立両国高校付属中学校の生徒が訴えます。

画像
  海老名香葉子さん講演 

 戦前の下町、貧しくとも家族8人の心豊かな生活をしていました。
 そんな生活も2時間で10万人の人々が焼き殺され亡くなりました。11歳、学童疎開先で東京大空襲を知り、お兄さんと二人だけ生き残り戦災孤児となってしまいました。

 海老名さんは、涙ながらに戦後の苦しみを語りました。二度とこんな体験をする子どもを作らないために、東京大空襲を語り継いでいきたいと結びました。



画像
   戦災センターで学ぶ中学生
 
 都立両国高校付属中学校生徒が、テスト中にもかかわらず、自分たちから出演したいと、約23名が駆けつけました。
 昨年9月の文化祭で東京大空襲を題材に創作英語劇を発表するため、戦災資料センターを見学して話を聞きました。
 主役を演じた性とは「この悲惨な出来事を劇の中で伝えなくてはならないと思った」と発表までの感想を報告しました。その劇をニュースZEROで報道したDVDと、劇中の Sing Like the Wind を歌い、会場いっぱいの拍手を浴び、しっかり若者に伝わっていることに感激しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「江東9条ニュース」21号 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる