満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 空襲訴訟第5回口頭弁論

<<   作成日時 : 2011/07/13 09:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第2次世界大戦中の東京への空襲の被害者・遺族が、国に謝罪と補償を求めている東京大空襲訴訟控訴審の第5回口頭弁論が11日、東京高裁で開かれました。同原告・弁護団は、新たな意見書と陳述書を提出しましたが、同高裁の鈴木裁判長は「採用しない」と拒否しました。

画像
 】第5回口頭弁論に際し同訴訟の原告・弁護団は、青井美帆氏(学習院大学教授)の追加意見書と1973年から運動を続けている空襲被害者の杉山千佐子さん(95)の陳述書を提出していました。
 意見書は「10万人を超える一般市民を焼き尽した大空襲は、国の作り出した危険の中で市民が生命・身体を犠牲にさせられたもの。憲法は個人に『特別犠牲を強制されない権利』を保障している。国家のために犠牲になった空襲被害者へは、補償がなさなければならない。司法は憲法に従い、この判断をするべきである」としています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
空襲訴訟第5回口頭弁論 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる