満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS オンブズマンが行く 続

<<   作成日時 : 2011/07/06 07:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日に続き「江東オンブズマンが行く」機関紙の記事を紹介しよう。区民の提案には粗品なのに、職員には「海外旅行」の豪華褒賞というのは何故だ! と「同会」が監査請求を求めていた意見陳述の場を傍聴した中屋 誠さんの「傍聴記」が二面に掲載されている。

画像
  これ「官尊民卑下」の考えでは
 
 江東区には、優れた職員の提案に「海外旅行」の褒賞がある。そんな話は聞いていたが、6月14日、オンブズマンが起こした住民監査請求の意見陳述を傍聴した。

 狭苦しい傍聴席に座ったが、正面に四人の監査委員が並んでいる。請求人のオンブズマンが一人づつ前の陳述人席に進み話すのである。何か裁判所の「証言台」を思わせる。最後に陳述した秋山氏は「税金を払う区民の提案には粗品で、税金を預かる側には一人80万円の海外旅行」の批判には納得した。「官尊民卑」そんな言葉を思い出す。

 それにしても、監査される立場の人が監査委員を選ぶ。そんなことが適法なの? 「公平性が保たれるか?」。


【注】「満州っ子」が電話取材をしたところ、「江東区監査委員は高給で、長年自民・公明の現元議員の“指定席”。また、この件について労組の態度は見て見ぬふり」だとか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オンブズマンが行く 続 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる