満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 江東9条ニュース22号

<<   作成日時 : 2011/08/10 06:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「江東9条の会のニュース」22号(2011年8月)が発行されました。一面は「未曾有の国難のなかで 許せない改憲策動!」という大見出しに続き、東北大震災につづく福島原発のもたらす人災に呻吟する住民をよそに、陰で改憲の動きが着々とすすめられていることを暴露、告発しています。

▼「九条の会」の新しいリーフ
画像
 被災地の復旧はすすまず、原発事故による放射能汚染に募る不安を省みず、管退陣をを迫る政争が続いています。
 その陰で、非常事態に乗じた改憲派は、4月28日に新憲法制定議員同盟が総会で「国家の緊急事態を総理が宣言できるようにして憲法改正へのきっかけにする」と宣言しました。


  未曾有の国難のなかで
   許せない改憲策動!

 
 衆参両院のねじれから抜け出す「大連立」を志向する民主党は、それに呼応して5月11日党の憲法調査会を発足し、18日には参院での憲法審査会規定を制定。改憲手続き法に基づく衆参両院での憲法改正を発議する体制が、二大政党の事実上の大連合で固められてきました。

画像
 さらに憲法96条第一項の「三分の二」の賛成を「過半数」に変えて、改憲の突破口にする提案まで憲法審査会を後押しする議員連盟を呼びかける賛同署名を開始しました。

 6月7日、民主・自民両党から各12名の発起人が名を連ねる「憲法96条改正を目指す議員連盟の設立には、みんなの党やたちあがれ日本を含め100人が出席、賛同は200人超と報告されています。

 未曽有の困難の時こそ憲法を生かして復興にあたるべきなのに、これを好機とばかりの改憲野望を遂げようとする卑劣な策動を許してはなりません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
江東9条ニュース22号 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる