満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「つなぐ」 希望の木@

<<   作成日時 : 2011/11/19 06:45   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「東日本大震災で被災者の希望となった岩手県陸前高田市の『奇跡の一本松』。同じように災難を乗り超えてき木々を、都内に訪ねた」、東京新聞が夕刊一面で11月7日から掲載しはじめた。好企画だ。今回はその第一回目である。その木は「クスノキ」。

画像
   ここが故郷だ 実感
 
 校庭の中央にどっかりと腰をおろす樹齢400年のクスノキ。東京都墨田区立第二寺島小学校のシンボルだ。1945年3月10日、約10万人が亡くなり、約27万戸が焼失した東京大空襲。その猛火でこの木も幹も上半分を焼失した。

 同窓会会長の鎌倉徳之さんが振り返る。「学童疎開から戻ると、にぎやかだった街の面影はなく、一面焼け野原だった。学校に到着して焼け残ったクスノキを目にした時、やっと故郷に戻ってきたと安心できました」
 あれから66年、豊かな緑の木陰から聞こえてくる児童たちの屈託のない笑い声が、傷ついたクスノキを優しく包み込んでいるようにも思えた。



画像

【写真説明】

上 陸前高田市の「奇跡の一本松」、右 校庭の真中から児童や地域の歴史を見守りつづけている区立第二寺島小のクスノキ=東京都墨田区東向島で

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「つなぐ」 希望の木@ 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる