満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「坂の上の雲」と私

<<   作成日時 : 2011/11/28 06:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

NHkの「坂の上の雲」の三部が12月4日から放映されます。本ブログでは一昨年来、「今、なぜ『坂の上の雲』?」と何回か書き込みました。この春、問題作について墨田区の牛山れい子さん(大空襲遺族団事務局長)から寄せられていたメールを紹介します。今日は高裁で東京大空襲訴訟の結審の日でもあります。

画像
 「日清・日露戦争の真実を見つめる
     旅6日間」に参加して 

 
 ちょうど「韓国併合」100周年を迎える前の年、2009年の11月29日からNHKが、3年にわたって司馬朗太郎の長編小説「坂の上の雲」を原作としたスペシャルドラマを放映すると聞いて、”えっ!なぜ?”と思っていました。たしか司馬遼太郎は、生前「坂の上の雲」は映画とかテレビで放映しないでほしいと言っていたのではないか。なのに、なぜ放映するのか。しかもNHKで・・・というのが私の疑問でした。

 2009年の夏に発行された「司馬遼太郎の歴史館」(中塚明著)を読み、「目から鱗・・・」でした。ぜひ、ご一読を・・」


画像 
 そして、「・・・司馬遼太郎の主張には、重大なごまかしがあります。『事実』の問題です。科学は、事実を事実として認めるところから出発します。・・・司馬は、この最も重要な『事実』探究の問題を素通りして、勝手に善玉・悪玉論なるものを作りだし、戦後の歴史科学、歴史研究を非難しているのです。歴史学が科学として成り立つには、事実探究の自由が絶対に必要です」と司馬の歴史観の根をズバリと言い切ったこの文章を読んで、ひとり歓声をあげました。

 そして、「事実」をこの目でもう一度見てみよう!と思ったのでした。この”想い”を受け止めてくれました。歴史を「科学の目」で見ることの大切さを実感した旅でした。


 2011年5月            牛山れい子

リンクhttp://38300902.at.webry.info/200911/article_28.html

画像
  牛山れい子さん プロフイール
 
 1942年新潟県上越市(旧高田市)生まれ。区立曳舟小学校、曳舟(現在、立花)中学校卒業、都立小松川高等学校卒業。都市銀行に勤務するかたわら、「区民劇場」(所在・墨田区京島)で地域文化発展のために活躍。1979年区議会議員の当選(連続六期)。現在、墨田母親大会連絡会会長、東京空襲犠牲者遺族会事務局長。

 趣味=新婦人絵手紙リーダー、合唱で「平和」を歌う。

 
 【写真】9月長野県・上田市で

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「坂の上の雲」と私 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる