満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京大空襲から平和を考える

<<   作成日時 : 2011/12/19 09:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

江東区高齢者集会では毎回参加者からアンケートを頂いていますが、以下は先ごろ開かれた集会・「大空襲訴訟から平和を考える」分科会での感想、意見6件です。

画像
◆話をしてくださった方以上に、つらいことも多くあった。(80代女)
◆第一審判決は敗訴であったが、原告団はいっそうの勇気をもって勝利までたたかう意気込みが感じられた。(70代男)
◆体験は何度も聞いているが、惨状を見ていない者としては、聞くたびに気持を新たにする。当地にふさわしい体験が話されて良かったと思います。(70代男)
◆時間に限りがあって、皆さん言い足りなかったでしょう。でもそれなりに意義があり、その努力を多とします。まだまだ戦いは続けなければならないと思います。あきらめてはいけない。(70代男)
◆空襲を体験された方からの当時の状況を聞き、余りにひどい状況であったことを再確認しました。私も群馬県太田市で昭和17年に生まれ、生まれた場所には大きな軍需工場があり空襲を受け、疎開した経験があります。そのときまだ2歳5カ月で記憶はありませんが、しばらく空襲の跡が残っていたことを記憶しています。


【リンク】 http://www.nagai-yoshi.jp

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京大空襲から平和を考える 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる